2011年12月23日金曜日

ヨーガヴァースィティ 28 : 5 瞑想行 4c クリヤーと八識2


5全体生命にめざめる瞑想行



http://youtu.be/oN3J_mAlnLQ

4c クリヤーと八識2

A 記憶のチェック


自分の記憶(体験記録)の中に、五つの禁戒にそむく思いが、どのような状態で保存されているかを洞察する。記憶(体験記録)として保存されている[=固執している]から、それに支配される。

B 新たな記憶=熏習


自分の記憶(体験記録)の中に、五つの禁戒がどのような状態で保存されていないかを洞察し、新たに入力する。記憶(体験記録)として保存されるなら、そこから自分の判断と行動をを支配できる可能性が出てくる。





「わらはも頭陀袋を致さう程におふせ半分下さるるならば」という言い草があるが、首にかける頭陀袋どころかアタマという頭陀袋に人は世間から日々情報のお布施をもらって、それを反芻してはアタマをズタズタにして生きている。そういう頭陀袋アタマにヤマニヤマを入力 input するのは茨の道での難行苦行みたいなもの。マスコミ・ネット情報を減らして、自然と触れ合うことにより得られる生命情報を多くしないと、アタマという頭陀袋にはアンチ生命情報みたいな滓が溜まるだけ…