2011年12月23日金曜日

ヨーガヴァースィティ 31 : 5 瞑想行 7アートマヴィチャーラ1


5全体生命にめざめる瞑想行


アートマ・ヴィチャーラ Atma-vicAra 1



http://youtu.be/4AGZ9RTfiD0

思いは誰におこるのか(ラマナマハルシの教え):
“思いがあなたの体のどこから出てくるのかを見つけなさい”

実習のヒント


  1. 五感を通じての知覚そのものに気づく
  2. 感知(感覚)にともなう快(楽)・不快(苦)・中性(不苦不楽)に気づく→ヴェーダナー
  3. 判断している「自分の思い my thinking」に気づく
  4. 自分の思いを支えている記憶(かつての体験の記録=条件づけ)のあり方に気づく
以下の教えは、R. マハルシ聖師の『Who am I?(私は誰か?)』(からのものです。ゆっくり、何度も何度も読み、アーナーパーナサティ AnApAna-sai の行法とマハルシ聖師の教えとが融合してしまうほどに、煮つめていってみてください。

No. 10



http://youtu.be/32XO0tbuQo8

Q:どのようにすればは静まるのでしょうか?

A:“私は誰か? Who am I? (ko'ham)”という探求によって。「私は誰か?」と思いたずねることは、他のすべての思いを破壊し、ちょうど燃え盛っている薪(たきぎ)をかき回すのに使われる棒きれが、最後にはそれ自身燃えつきてしまうように、“私は誰か?”という[個的にしきられた存在者としての]思い[探求し続けるなら]最後には消滅するだろう。その時[にこそ初めて]自己の本性のヴィジョン(sva-rUpa-darzanam スヴァルーパ・ダルしゃナム。自己実現→ Self-Realization)が起こるだろう。


Q:「私は誰か?」という思いを絶えず持ち続けるには、どうしたらよいでしょうか?
A:[“私は誰か?”という探求をしている間に]他の考え事が起こってきたなら、それらの考え事を追いかけるのをやめて[=覚触し]、“その思いは誰にやってきたのか?”と自問し[て、“私は誰か?”という凝念対象にもどるようにし]なさい。[“私は誰か?”という凝念の最中に]どんなにたくさんの考え事が出てきてもかまわない。[‘思いは頭の分泌物’(内山老師)なのですし、出てくるからにはその出所としての記憶があるからで、それを押えつけるのは不合理です。]一つ一つの思いが出てくるごとに、“その思いは誰に起こったのか?”と、その度ごとに勤勉に自問しなさい。[=発心(=覚触)百千万発(内山老師)]その問いに対して出てくる答は“私に”だろう。そこで「私は誰か?」と自問するなら、心[の活動]はその[エネルギーの出所である]源にもどって行き、[そのようにして]わき上がってきた思いは、[その出所に引き下がって]平静になるだろう。このようにして繰り返し修習(しゅじゅう)するなら、心は[活動状態から]その源に[もどって]留まる術(すべ)に長(た)けてくるだろう。

精妙な心[のエネルギー]が脳(第八識→第七識→第六識→前五識)と感覚器官(五根)を通じて外へ出て行くと、粗雑[次元の分別上の]名称や形態(ナーマ・ルーパ nAma-rUpa)が[知覚され]現われる。[しかしそのエネルギーが]ハート(=思いの源)に留まるなら、名称と形態は消え失せてしまう。心(マナス)を外に向かわせずハート(フリダヤ hRdaya)に留めておく事は、アンタル・ムか[・ヴリッティ]antar-mukha-vRtti(内向活動。回光返照(えこうへんしょう))と呼ばれる。心をハートから外に出してしまうのは、バヒル・ムか[・ヴリッティ]bahir-mukha-vRtti(外向活動)として知られる。このように、[の外向活動がやんで、それ]がハートに留まるなら、あらゆる考え事の源である「私(アハン)」は消え、[その背後に]常に実在しているセルフアートマン)が輝き出すだろう。[だから]何をするにしても、「私」というエゴの思い(ahaMkAra アハンカーラ。自意識)無しにすべきである。 もしそのように[無私の生命活動を]するなら、すべては[エゴのフィルター(色眼鏡)無しに]しヴァ(神)ziva の本来の性質のままに現われるだろう。”


ヨーガ修行の究極の目的(ゴール)も、人生の一大事も、“私は誰か?Who am I? (ko'ham)”に尽きる。ヨーガヴァースィティのどのような教材も、世でのどのような教えも、ただこの一点に行き着くためにあるだけである。“私は誰か?Who am I? (ko'ham)”の命題から遠ざかるほど未熟なので、あれもこれもしなければいけなくなる。(し残していて果たさなければいけない宿題)が多いので、苦悩も深い。ラマナマハルシはこの問題に 16 (17) 歳で直面し一挙に解決した。