2011年12月17日土曜日

ヨーガヴァースィティ 65 : 8 究極の教えの理解のために 3 私は心か?


8 究極の教えの理解のために



http://youtu.be/8q576TQnQNM


http://youtu.be/vuamF_A9l4Q

3 私は心か?


師(マハルシ):
  • 第六識考え事の束です。それらは、「私」という思い 'I'-thought に依存しています。この「私」という思いが、心[の根]であると知りなさい。(verse 18)
  • 体は感覚知覚の無いものです。アートマン(Self。全体宇宙生命)は不生(ふしょう)です。体の限界内において、「私」[という仕切りが体とアートマン(自己の正体)の 間に現われます。それは‘エゴ’、‘物質と霊性(仏性)の結び目’、‘束縛’、‘精妙体’、‘心’などと名づけられています。(verse 24)
  • 心(第六識)は形(色)rUpa[との接触]から生じ、形(色)に定着します。心は形(色)を食べ物にしますが、それ自体は無形です。(verse 25)
  • 心とは何ですか? 心を見い出そうと探求するなら心という独立体は無い[とわかる]で しょう。(verse 17)



心とは何かを心で考えるのは、『ヨーガ・スートラ yoga-sūtra』 4.21 で述べられている無限推理に陥ってしまう。ラマナマハルシは「心(第六識)は考え事の束」と説明しているが、それでは考え事とは何か?それは「私という思い 'I'-thought に依存」しているという。それでは私という思い 'I'-thought」とは何か?そんなものは無い!とラマナマハルシは教える。ということは、そんなものについて考えるのは大損ということ…No thinking is precious!