2011年12月15日木曜日

ヨーガヴァースィティ 77 :8 究極の教えの理解のために 15 教えの要約


8 究極の教えの理解のために



http://youtu.be/j-3VwmnJp0A


http://youtu.be/jQ1MskLFIG4

15 教えの要約


(1)

パタンジャり patañjali の『ヨーガ・スートラ yoga-sūtra』の最初の数節は、あらゆるヨーガのシステムの最高峰です。あらゆるヨーガ[システム]は、[ヨーガスートラの第1章の2節に示されているように]心の[=思考]活動終止[=あらゆる考え事の根である「私 'I' という思い ahaṁkāra; aham-vṛtti (I-making)」の源泉である全体宇宙生命との合一融和をねらっています。(ラマナマハルシ) S.S. Cohen:Guru Ramana, p. 72

(2)

I    am  that  I AM.
1 私は 4 である 3 という[もの] 2 実在する)
[という旧約聖書の出エジプト記 3.14 の言葉]は、全真実を要約しています。そ[れを悟るため]の方法は次の[旧約聖書の詩篇 46.10 の]言葉に要約されています:
Be still and know that I am God.
1 静まって4 知れ 32 自己が神である)
静まりとはどういう事でしょう? それは、様々な形態、色、質、時間、空間などの宇宙[を分別する]全ての概念先入観念[に基づく]思考の終止です。(ラマナマハルシ)S.S. Cohen:Guru Ramana, p. 54

「参考」聖フランチェスコの三つの望み
  1. どのようにして、いつも喜びを心からあじわうか?
    天の父[=全体宇宙生命]に全てを委ね、離脱の精神[=「私という思い」の終止]によって心の習気の]貧しさ=心の自由と豊かさ[=全体宇宙生命と一体のアーナンダを味わう。
  2. どのようにして、敵対なしに、友として出会えるか?
    →『太陽の歌』 (互いが兄弟姉妹として見つめあい、尊敬と思いやりによって出会う。[セルフでないものは無い。]
    http://youtu.be/6vp8cDBK5jY; http://youtu.be/CZZFO9F8FWU
  3. 何のために生まれてきたのだろうか?
    →『平和の祈り』 (与える[=エゴを捨てる]ことによって永遠の命を受けるため。

ホアン・カトレット著『小さき花 アシジの聖フランシスコ』参照
(新世社 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3−6−43 みこころセンタ−)


上掲のいずれの教えも自分意識(エゴ)の発見と解消であることがわかる。