2011年12月14日水曜日

『ばガヴァド・ギーター bhagavad-gītā』ダヤーナンダ選集 10 節梵英和


『ばガヴァド・ギーター bhagavad-gītā』


ダヤーナンダ選集 10 節梵英和


ゴリオシマミー:クルシュウナイ様、『ばガヴァド・ギーター bhagavad-gītā』略解を拝見したのですが、私にはジャパン語だけではなく、サンスクリットと英訳もお示しください。
クルシュウナイ:Who are you?
ゴリオシマミー:ゴリオシナンダの妻でございます。
クルシュウナイ:へーえ。
ゴリオシマミー:主人はジャパン語の 10 節を丸暗記して、"ī āṁ" 実修をしているだけなのですが、私としましてはやはり原文とついでに英訳もいっしょにおぼえて、いずれ一人息子にも教えたいのです。
クルシュウナイ:あっそーお。
ゴリオシマミー:お願いできますでしょうか?
クルシュウナイ:はいよ。これでどうかね?英語はブロークンだけど、サンスクリットの語順に合わせ、なおかつなんとかかんとか歌えるように語呂を調えているからね。
  • 2.11
    śrī-bhagavān uvāca:
    ṭhe Blessed Lord has spoken:
    聖師クリシナは言った:
    aśocyān anvaśocas  tvaṁ
    You are grieving for the not-to-be-grieved-for.
    嘆かざるを君は嘆き
    prajñā-vādāṁś ca bhāṣase
    Yet you speak the words of wisdom.
    賢こそうな言葉語る
    gatāsūn agatāsūṁś ca
    For the dead and for the not dead
    死者と生者のどちらをも
    na-anuśocanti paṇḍitāḥ
    the wise (pandits) do not grieve.
    嘆きはしない賢者たちは
  • 2.21
    veda-avināśinaṁ nityaṁ
    He who knows this, the indestructible, the eternal,
    カレを不壊・常住と知り
    ya enam ajam avyayam
    the birthless, the imperishable,
    カレは不生・不滅と知る
    kathaṁ sa puruṣaḥ pārtha
    how, this person, Son of pṛthā,
    その人はいかに アルジュナよ
    kaṁ ghātayati hanti kam
    whom can he cause to kill or kill anyone?
    誰を殺させ殺せるか?
  • 2.55
    śrī-bhagavān uvāca:
    ṭhe Blessed Lord has spoken:
    聖師クリシナは言った:
    prajahāti yadā kāmān
    When he gives up all the desires
    人が欲望捨てる時
    sarvān pārtha manogatān
    emerging from the mind, Son of pṛthā,
    心の底から洗いざらい
    ātmany-eva-ātmanā tuṣṭaḥ
    satisfied in the Self by the Self,
    自己に自ら知足する
    sthita-prajñas-tadocyate
    then he is called to be one whose wisdom is steady.
    智慧の確立者と言わる
  • 9.04
    mayā tatam idaṁ sarvaṁ
    By Me is pervaded this whole
    ワタシで満ちるこの全体
    jagad avyakta-mūrtinā
    universe by My unmanifest aspect.
    宇宙は非顕現の様で
    mat-sthāni sarva-bhūtāni
    In Me abiding all beings,
    ワタシの内に宿る万物
    na ca-ahaṁ teṣv-avasthitaḥ
    but not I in them dwelling.
    ワタシはそれらに宿らない
  • 3.03
    śrī-bhagavān uvāca:
    The Blessed Lord has spoken:
    聖師クリシナは言った:
    loke'smin dvi-vidhā niṣṭhā
    In this world there is a two-fold basis,
    この世に二つの立場あり
    purā proktā mayā-anagha
    anciently taught by Me, O Blameless One,
    前に我に説かれたように
    jñāna-yogena sāṁkhyānāṁ
    (by) the pursuit of knowledge for the contemplative ones,
    理論家たちの知識ヨーガ
    karma-yogena yoginām
    (by) the pursuit of action for the active ones.
    実践者たちの行動ヨーガ
  • 2.47
    karmaṇy-eva-adhikāras-te
    In action alone there is freedom of you,
    行為だけが君の権内
    mā phaleṣu kadācana
    never in the results at any time,
    決して結果にこだわるな
    mā karma-phala-hetur bhūr
    never action-fruit motive should arise,
    行為の結果を当てにせず
    mā te saṅgo'stv akarmaṇi
    never your attachment let there be for inaction.
    君はこだわるな不(行)為にも
  • 18.46
    yataḥ pravṛttir bhūtānāṁ
    Him from whom is the origin of beings,
    万物出て来るカノモノを
    yena sarvam idaṁ tatam
    Him by whom all this (universe) pervaded,
    宇宙に満ちてるカノモノを
    sva-karmaṇā tam abhyarcya
    by one's own duty Him worshipping,
    自己の行為で崇めれば
    siddhiṁ vindati mānavaḥ
    perfection finds the man, descendant of manu.
    その者見る円満成就
  • 5.06
    saṁnyāsas tu mahābāho
    Renunciation indeed, O Mighty Armed One,
    行為の放棄はアルジュナよ
    duḥkham āptum ayogataḥ
    is difficult to attain without [karma-]yoga.
    行為無しではむずかしい
    yoga-yukto munir brahma
    The yoga-disciplined one who is calm brahman
    専修静者はブラフマンに
    nacireṇa-adhigacchati
    in no long time he attains [without doubt].
    時を経ずして到達す
  • 5.13
    sarva-karmāṇi manasā
    All the actions with discriminative mind
    すべての行為を心にて
    saṁnyasya-āste sukhaṁ vaśī
    renouncing he rests happily as the ruler,
    打ち捨て楽に坐す支配者
    nava-dvāre pure dehī
    in the nine-gated city the embodied one,
    九門の都で自我の王
    naiva kurvan na kārayan
    not at all acting, not causing [another one] to act.
    何もしないしさせもせぬ
  • 18.66
    sarva-dharmān parityajya
    All the duties giving up,
    あらゆる義務など捨て置いて
    mām ekaṁ śaraṇaṁ vraja
    in Me only refuge do take.
    ワタシにだけ帰依するがよい
    ahaṁ tvā sarva-pāpebhyo
    I you from all sinful evils
    ワタシがすべての邪悪から
    mokṣayiṣyāmi mā śucaḥ
    cause to be released; do not grieve.
    解放してやる悲しむな
ゴリオシマミー:ありがとうございます。毎日三か国語で歌って、息子にも教えて、ギーター家族になろうと思います。
クルシュウナイ:オオ、ワンダフル!
ゴリオシマミー:これはほんの少しですが、家で飼っている本物のゴリラのえさのバナナの余り物ですが。
クルシュウナイ:へーえ。ゴリラの余り物にしては立派なバナナだねーえ。今日は、これだけで、このバディを養えるよ。
(ということで、 ゴリオシマミーは『ばガヴァド・ギーター bhagavad-gītā』 10 節梵英和を、ゴリラのえさの余り物のバナナで物にしたのでした。)